自分にあった仕事を探すには

長い春休みを持つ大学生や受験を終えた高校生に向けて、特に春休みは1年の中でも短期アルバイトの募集が多く見られる時期である。多くの業種があり、その中から自分に合った職を探し出すのはアルバイト探しに慣れていないとなかなか難しい。契約期間が終わり、収入を得られたという点だけでなく、やりがいを感じられたという点から有意義だったと思える仕事に出会うためにはどうすれば良いのだろうか。

やりがいという感情は、その仕事を好きになれることで生まれてくる。つまり、自分自身の性格や個性にあった仕事を選ぶ必要がある。例として、全国で税務署が確定申告に伴って職員の業務を補助する人員を短期アルバイトとして募集する。その仕事の内容の大半が、郵送で送られてくる書類や提出された書類に処理を行う事務作業である。この職種は人と接することや話をすることが好きな人には適さない仕事であるだろう。対して、春休みを迎える子どもを狙って、各遊園地やテーマパークは短期アルバイトを募集する。当然接客が中心になってくることから、この仕事は人と接することが好きな人には絶好の職種と考えられる。またその仕事を好きになれるかどうかには、職場での人間関係も関わってくる。ここでも自分自身をしっかりと分析して選択することが求められるだろう。たとえば、こじんまりとした少人数で過ごすことが好きな人に、大量募集である程度の集団生活が求められる短期のリゾートバイトで働くことは苦痛を感じるかもしれない。改めて自分を見つめることが、自身に合った仕事を見つける上で重要なことと言えるのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です